子どもたちへ

MIEちゃんの手紙を見る

MIEちゃんへ

友達 みんなと一緒にしたかっただけなのに…。

最近ラインを始めて、女子だけのグループや、仲の良いグループを作ったりして、私の生活の一部になっていきました。

でも、昨年末、「カウントダウンしたい」と言ったところ、みんなに「は?」とか、「意味不明なんですけど笑笑」と、言われてしまいました。どうしたらいいですか?

MIEちゃんより

メールをくださり、ありがとうございます。

LINEを始めて、みんなと繋がっていることを楽しんでいたのではないかと思います。そのような中、一年に一度の年が明ける瞬間をみんなと一緒に過ごしたいという素直な気持ちを伝えたのですね。それなのに、思いもよらぬ返事が来て、あなたはすごく傷ついたんだと私は思います。

 

あなたが送ったLINEを見て反応した人も反応しなかった人も同じ意見のように思えて、みんなからあなたの意見が否定されているように感じたのですね。そして、あなた自身が否定されているように感じたのですね。ひとは一人ひとりに意思があり、それぞれに違います。意見が同じこともあれば違うこともあります。

あなたにも他のみんなにも自分の意見を自由に言う権利があります。そして、そのことによって、あなたを笑いものにしたり、バカにする権利は、誰にもありません。

ただし、自分の意見を他の人に強制することもできません。権利とは、相互尊重なのです。

だからこそ、あなたは自分の意思を大切にして欲しいのです。

子どもの権利条約 第12条 意見表明権

 

一般的にLINEなどSNSは、「いつでも、どこでも、手軽に」、さらに同時に多くの人と情報を共有できる便利さがあります。便利さがある一方、顔が見えない、一方的で独りよがりになりやすい側面があります。また、一つの意見に気軽に同調してしまいがちな側面もあります。

大人も子どもも、この新しい手段を使いこなすことができていません。これから一緒に学び合っていきましょう。

 

【参考】様々な子どもの権利 SNS LINEに関するサイトがあります。自己責任でご覧下さい。

 ユニセフ 子どもの権利条約

 子どもの権利委員会 一般的意見12号(2009年)

 MDメリットデメリット.com(ギャクー株式会社) SNSのメリットデメリット

 マーミー 子供のLINEトラブルに関する記事

 

話したい場合は…

チャイルドラインMIE(0120-99-7777)

こどもほっとダイヤ(0800-200-2555)

 

メールしたい場合は…

子ども専用メール

MIEちゃんに聞いてみよう

オンライン相談

 

一覧に戻る