ボランティアを
してみませんか

~子どもの電話を受ける仲間を募集します~

チャイルドラインは子どもだけがかけられる子ども専用電話です。
子どもの気持ちによりそい子どもを受け止める電話です。
チャイルドラインでは電話で子どもの気持ちを受け止めるボランティアを「受け手」とよんでいます。
あなたも受け手ボランティアになりませんか。

チャイルドラインの
受け手ボランティアになるまで

電話の受け手になるためには、
受け手養成講座を受けることが必要です。

例年、下記のような講座を企画しています。
(都合により講師が変わることがあります)

No. 演題 受講時間 講師名
1 チャイルドラインとは 2 NPO法人チャイルドヘルプラインMIEネットワーク
代表理事 田部眞樹子
2 子ども虐待 2 元三重県児童相談センター
所長 鈴木聡さん
3 子どもにはチカラがある
~子どものエンパワーメントを支えるおとなの役割~
2 子どもの権利条約総合研究所関西事務所
所長 浜田進士さん
4 依存症からの回復とエンパワーメント 2 (特)三重ダルク
常務理事 市川岳仁さん
5 いじめ・不登校 2 NPO法人ストップいじめ!ナビ
副代表理事 須永祐慈さん
6 子どもからみたネットメディア 2 NPO法人ストップいじめ!ナビ
副代表理事 須永祐慈さん
7 子ども支援のまちを創ろう
~チャイルドライン活動に子どもの権利条約を活かす~
2 早稲田大学 名誉教授
子どもの権利条約ネットワーク 代表 喜多明人さん
8 思春期外来の現場から 2 奈良県立医科大学 名誉教授
医療法人南風会万葉クリニック
子どものこころセンター絆センター長 飯田順三さん
9 子どもたちに性の問題を正しく伝えるために 2 金丸産婦人科
院長 金丸惠子さん
10 子どもの権利と性 ~生と性を伝える~ 3 思春期保健相談士
徳永桂子さん
11 午前:コミュニケーションの体験
午後:子ども時代に立ち返るワークショップ
5 せたがやチャイルドライン
支え手・運営委員 山本多賀子さん

全講座修了後、面接があります。(受け手に向かない場合はお断りすることがあります)

年に数回、資質向上研修の受講が必要です。

他にもこんな
ボランティアがあります

  • 告知カードの仕分け

    チャイルドラインの告知カードを三重県下の学校(小、中、高、養護学校など)の子どもたちに配るため、学校別にカードを分けます。

  • 使用済みインク
    カートリッジの仕分け

    使用済みになったインクカートリッジを種類別に分けます。

  • 募金の呼びかけや
    チラシ配布

    年に何回か街頭募金活動で、募金の呼びかけやチラシを配布します。