支援・寄付について

寄附金特別控除(税額控除)

チャイルドヘルプラインMIEネットワークは、
三重県より「認定NPO法人」の認定を受けました。

認定日    :平成28年12月8日

認定の有効期間:平成28年12月8日~平成33年12月7日

当団体へのご寄付や支援会員の年会費は、所得税や相続税の控除、損金算入など税額控除を
受けることができます。控除を受けるためには、確定申告や法人税の申告を行って下さい。
(当団体発行の「寄付金受領証明書」が必要になります。)

詳しくは、国税庁HPをご参照下さい。

個人の方

「所得税控除」か「税額控除」かのどちらかを選択することができます。

(1)税額控除(平成23年度税制改正によって創設)

※税額を算出した後に、税率に関係なく控除金額を控除するため、小口の寄附にも減税効果が大きい。

所得税

(寄付金の合計額-2000円)×40%が税額控除されます。(上限:所得税額の25%)

住民税

三重県の県税は(寄付金の合計額-2000円)×4%が税額控除されます。
※自治体によって異なります。お住まいの自治体にお問い合わせください。

相続税

相続または遺贈により財産を取得した方が、取得した財産を相続税の申告期限内に寄附した場合、寄附をした財産には相続税が課税されません。

(2)所得控除

※所得控除後の金額に税額を掛けるため、所得税率が高い高所得者の方が、減税効果が大きい。

課税所得から(寄附金額(*) - 2千円)の額が控除されます。
* 所得金額の40%相当額が限度
税額=課税所得(収入額 - 所得控除額)×税率p>

法人の方

法人税

一般寄附金の損金算入限度額とは別に、損金算入することができます。