子どもたちへ

MIEちゃんの手紙を見る

MIEちゃんへ

性別

僕は自分の性別がよくわかりません。自分の事を女として受け入れながらも、やっぱり女と言う括りで見られるのはとても嫌で男として見て欲しいと思ったりと、よくわかりません。誰にも相談できず困っています。

MIEちゃんより

お手紙をくださってありがとうございます。

自分の性別について違和感を感じていることを、誰にも相談できなくてずっとひとりで悩んでいたのですね。困っている気持ちを思い切って相談するのは勇気がいったことと思います。

あなたは女性としての身体の性を受け入れながらも、気持ちは男性として見てほしいと思ったりすることがあってよくわからないと感じているのですね。

身体の性と気持ちの性が違うと感じながら生活するのはどんなにか苦しいことでしょう。そして、そのことをわかってもらえる人がいないのはとても不安で孤独だと思います。そんな中で周りの性別への決めつけがあると嫌だと感じたり、受け入れられないと思う気持ちは大事にしていいのではないでしょうか。

 

人間の性は「身体の性」(生物学的性別)、「心の性」(性自認)、「好きになる性」(性的指向)、社会的役割(ジェンダー)などがあり多種多様です。

LGBTQという言葉を聞いたことがありますか。セクシャル・マイノリティ、性的少数者ともいい、下記のように言われています。

L・・・レズビアン 生物学的には女性として生まれ、自分のことを女性と認識して、女性を恋愛の対象とする人

G・・・ゲイ 生物学的には男性として生まれ、自分のことを男性と認識して、男性を恋愛の対象とする人

B・・・バイセクシャル 恋愛の対象に性別が問題にならない人

T・・・トランスジェンダー 生まれた時にわりあてられた性とは違った性のあり方で生きようとする人

Q・・・Questioning又はQueerを意味しています。Questioningは自分の性別がはてなマークの状態、Queerは変わり者という意味ですが、個性的なという良い意味あいがあります。

 

身体と心の性別が一致していなくて違和感があり、違う性別として見られたいと思っていても、気持ちに反して身体が成長していくことで自分が自分でなくなっていくように感じたり、服装や髪型についても自分のしたくないものを強いられたりすると、それはとても苦しいことですね。

 

心や身体の変化はひとりひとり様々だから、心が女性なのに男性の体に悩む性同一性障害の人もいれば、みんなは異性を好きになるのに自分は違うと悩む同性愛の人もいます。それから男性の性器も女性の性器も持っている人など、多様な性があるものなのです。

あなたがこうありたいと望んだ性での生き方を、誰であっても差別的な扱いをすることはできません。(子どもの権利条約第2条)差別の禁止

(これには、性自認の自由や性の学習ができる権利などが含まれています。)

性は、自分らしさの大切な要素の一つ。あなたがあなたらしくいられるために、あなたが自分の性をどう生きるかを尊重することはとっても大切なことで、それは周りからも尊重されなければならないことなのです。

現実は、人と違うことでプレッシャーになることもあると思うけれど、

あなたにも、どの人にも、自らの性を主体的に生きていく権利があることを知ってほしいと思います。

 

(子どもの権利条約24条)心と身体を健康に生きていく権利

(子どもの権利条約第6条)生きる権利・育つ権利

(子ども権利条約28条・29条)教育の権利・教育の目的

 

【参考】

 ユニセフ 子どもの権利条約

 性の多様性LGBT法連合会

 ストップいじめ!ナビ 性的マイノリティといじめ

 ハートをつなごう学校

 

話したい場合は…

チャイルドラインMIE(0120-99-7777)

こどもほっとダイヤ(0800-200-2555)

 

メールしたい場合は…

子ども専用メール

MIEちゃんに聞いてみよう

オンライン相談

 

一覧に戻る